対話から生まれる信頼関係が治療の土台です

なんでもお話してください

治療家として重要なのは”知識技術”と”話しやすく誠実な人柄”だとはりきゅうマッサージ楽楽は考えます。特に、対話から生まれる信頼関係なしに、臨床経験や専門性、高度技術も効果に結びつきません。ありのままのご様子をお聞きする、しっかりした問診とカウンセリングを大切にしてます。不安・質問なんでも相談してください、ほっとする空間でお待ちしています。

院長写真

代表 中田正浩 Nakada Masahiro

脳科学と心の鍼灸治療

心の声に耳を傾ける治療。

私、中田正浩は心理相談員と厚生労働大臣認可の鍼灸マッサージ師の両方を保持。日本大学医学部(脳神経外科)酒谷薫医師や帝京平成大学ヒューマンケア学部の王暁明教授と共に学術的検証を進めた経験※から、メンタルヘルスの重要性を実感しています。※(研究内容「脳と心の病気に対する針効果の共同研究」)また、臨床21年の今も各種学会で知識を高め、精度の高い治療を日々探求し続けます。

はりきゅうマッサージ楽楽が大切にしていることは「患者様の心の声に耳を傾けること。」そのため、治療院でありながらくつろげるスペースにしています。話したくない時も、話したい時も、ありのまま普段どおりでいらしてください。東洋医学鍼灸マッサージの高度な技術と心理相談の豊富な経験を結集して、心身の回復に貢献できるよう全力で取り組んでまいります。

・厚生労働大臣免許保持者(鍼師 灸師 あんまマッサージ指圧師)

・心理相談員

・瑞金病院(上海)中医鍼灸コース終了

・全日本鍼灸学会 会員

・日本中医学会会員

・全国鍼灸マッサージ゙協会

 

院長写真

院長 中田紅美 Nakada Kumi

過程も尊ぶ、効果の高い治療。

病と対峙している方、一緒に真摯に受け止めます。

横浜生まれ。東洋医学手法による治療を行う。長年にわたり浅川要、宮本繁らと共に「東京中医鍼灸センター」所属を任ぜられ(2010-2019)正統な鑑別技術を継承する数少ない技術者。高い専門性をもって、身近な皆さまを支えるべく、はりきゅうマッサージ楽楽で治療にあたっています。

“東洋医学では、西洋医学とは全く異なる視点で身体をとらえ、体質鑑別に基づき治療穴を決定します。さらに「疾患の悪化要素、改善のセルフケア」を導き出します。この過程が、高い効果を生むポイントとなります。回復過程で患者様が東洋医学的な知識を蓄積し、心身ケアを身につけることができるのです。また、病院指導を守ることの意義や疾患の理解もお手伝いします。重篤な症状であるほど、基本的な努力ぬきに特効的期待を抱くことはできません。病と対峙している方、一緒に真摯に受け止めます。研鑽した技術の統べてで治療にあたりますのでご相談ください。”

・厚生労働大臣免許保持者(鍼師 灸師 あんまマッサージ指圧師)

・「東京中医鍼灸センター」鍼灸指圧マッサージ師に任ぜられ、浅川要・宮本繁らと所属(2010-2019)正統な東洋医学を継承

・中央民族大学(北京)留学

・全日本鍼灸学会 会員

・日本中医学会会員

・全国鍼灸マッサージ゙協会

 

 

はりきゅうマッサージ楽楽は妊娠前、出産前後を支えます。