米国国立衛生研究所やWHOの見解

NIH(米国の国立衛生研究所)の見解として鍼の有効性について発表(1997)がありました。その科学的根拠や西洋医学の代替としての有効性を発表しています。さらに、WHO(世界保健機関)もいろいろな症状について鍼灸が有効と認めています。アジアのみならず、欧米でも浸透し始めた鍼灸。さらなる解明が期待されます。

鍼灸が効果的な症状(以下は日本鍼灸師会資料より

神経・その他の悩み

会社方針 ・自律神経失調症・不眠
・三叉神経痛・ヘルペス後神経痛・坐骨神経痛・片麻痺・顔面神経麻痺・小児神経症

胃や腸の悩み

会社方針・便秘・下痢・痔疾・慢性胃炎・食欲不振

呼吸器や血流の悩み

会社方針・低血圧症に伴う諸症状・冷え性・本態性高血圧症
・気管支喘息・鼻炎・扁桃炎

痛みの悩み

・頭痛・術後の疼痛・三叉神経痛・ヘルペス後神経痛・坐骨神経・生理痛

生殖、泌尿器の悩み

会社方針・インポテンス・失禁症

ご婦人の悩み

会社方針・更年期障害・逆子・生理痛・冷え性・不妊・月経異常

目や耳の悩み

会社方針・難聴・メニエール病・耳なり・眼性疲労・仮性近視

お子さんの悩み

会社方針・小児神経症(キーキー声・ものを投げつける・夜中の泣き叫び・驚いて飛び起きる・食欲不振・下痢・不機嫌になってぐずる・ギャン泣きと呼ぶお母様もあります。かんのむしともいいます。)・おねしょ、夜尿症

 

運動器系疾患ほか

会社方針・変形性膝関節症・テニス肘・腱鞘炎・肩こり・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

※ 上記疾患のうち、長期にわたる◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
健康保険の手続きについては、直接お問合せください。


院内をアルコールで消毒している写真